• トップ
  • 製品
  • 会社案内
  • よくある質問
  • お問合せ

HDD KEEPER Light type-S

HDD KEEPER Light type-Sとは

HDD KEEPER Light type-S(エイチ・ディー・ディー キーパー ライト タイプエス)は、全国の教育機関で多数採用されている環境復元ソフトウェアです。 あらゆるデータ変更をされても、再起動するだけで完全に元の状態に戻すことができるので、管理者の煩わしいメンテナンス作業を大幅に軽減出来ます。

※Windows8.1、Windows10 UEFI起動の対応はこちらをご覧ください。
【TS-141US】HDD KEEPER 9 Light Type-S


HDD KEEPER 9 Light type-sの詳細を見る

特 徴

HDD KEEPER Light (型番TS-141)の機能にプラスして、LANに接続された全てのパソコンを、サーバーを導入せずに一台のパソコンでHDD KEEPERの動作モードを変更したり、教室や図書室など各所に配置されたパソコンを一括して計画管理することが出来るシステムです。HDD KEEPER Light(型番TS-141)についてはこちらをご覧下さい。 夜間や休日など指定した日時に、全てのパソコンをHDD KEEPERの管理者モードで起動させ、ウイルス対策ソフトのパターンファイル更新やOSのアップデートを定期的に実行させるなど、手間が掛からず確実なパソコン管理を行うことが出来ます。

HDD KEEPER Light
  • HDD KEEPER Lightの詳細を見る
  • HDD KEEPER Light type-Mの詳細を見る

導入事例

  • 教育機関
  • 公共機関
  • 図書館
  • レンタルパソコン
  • ホテルレンタルパソコン
  • 展示会運営のパソコン
  • システム管理
  • ヘルプデスク
  • 業務用アプリケーション開発
  • 業務用端末製品の開発
  • POS/KIOSK端末開発
  • メンテナンスサービス

動作モード

保護モード(自動復旧)

電源を入れるだけの通常の起動方法では、自動的に保護モード(自動復旧)で起動します。ファイルの追加・削除・設定などデータ変更を行っても再起動するだけで完全に元の状態に復元して起動します。

保護モード(手動復旧)

手動復旧の場合、再起動だけでは復旧しません。変更を行っている場合はその状態で起動します。しかし、その後の再起動時に管理者パスワードを入力すると過去に管理者が設定した状態に復元します。

管理者モード

管理者パスワードの入力により管理者モードで起動します。このモードではファイルの追加・削除・設定変更が可能です。次回の再起動で自動的に保護モードになり変更内容が有効になります。

一日管理者モード

日付が変わるまでは、何度再起動しても自動的に管理者モードで起動します。再起動を要求するソフトウエアやハードウエアのインストール・アンインストールや、設定変更の時に利用します。

動作環境

品 名 HDD KEEPER Light type-S
型 番 TS-141S
対応OS Windows7 / Windows8、8.1(BIOS起動)
パソコン PC/AT互換機
ファイルシステム NTFS
復元対象 C:
ハードディスクの使用量 500MB以上
環 境 ※Internet環境必須 。セットアップ時ライセンス認証のため
注意点 ・セットアップ時ライセンス認証のためInternet環境が必要です。
Windows7、Windows8の環境において、UEFI起動(UEFI モード)で起動しているコンピュータには、正常にインストールできない場合があります。UEFI起動専用の【TS-141US】HDD KEEPER 9 Lightをご利用頂くか、BIOS互換モードでセットアップされたコンピュータで御利用ください。
・マスターブートレコード(MBR)にシステム復旧のためのプログラムが組み込まれている場合は、OSが起動できなくなりますので、HDD KEEPER Lightのインストール前に予め削除する必要があります。
・ハードディスク構成がRAID環境の場合は動作しません。
・フロッピー起動の場合は保護しません。
・1ライセンスから販売しております。
よくある質問をあわせてご覧ください。

機能表

【環境復元機能(HDD KEEPER Light)】

機 能 機能概要
復元対象 C:
自動復旧モード 再起動すると自動的に変更前の状態に復元
手動復旧モード 任意のタイミングで復元可能
モード変更 各起動モードの変更(自動復旧/手動復旧/管理者/一日管理者)
モード確認 現在の起動モードの確認

【ネットワーク機能(ClientManager type-S)】

環境復元の管理 モード確認 現在の起動モードの確認
モード変更 各起動モードの変更(自動復旧/手動復旧/管理者/一日管理者)
電源管理 電源ON/OFF/再起動 電源ON/OFF/再起動が可能
自動ログオン(ログオン方法の変更) ログオンパネル表示の有無 ログオン方法(自動ログオン/ログオンパネルの表示)の一括設定が可能
クライアントの管理 実行スケジュール 電源の自動投入や、HDD KEEPERの起動モードをスケジュールできます。これによって、ウイルス対策ソフトやWindowsアップデートに対応させて、夜間などに無人で更新作業が行えます
レイアウト表示 設置レイアウトに合わせた画面表示が可能
コマンド操作対応 コマンドプロンプトからの実行や作成したスクリプトの実行により、電源管理・リモートログオン・HDD KEEPERのモード変更が可能

PDFファイルのダウンロード

HDD HDD KEEPER Light type-SのリーフレットはPDFファイルでご覧になれます。

※PDFファイルを見るためにはAdobe Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方は右のアイコンをクリックしてAdobeのサイトからダウンロードしてください。

アドビリーダーダウンロードページへ

  • HDD KEEPER Lightの詳細を見る
  • HDD KEEPER Light type-Mの詳細を見る

エバ電子へお問合せ

ホームページ制作、システム開発