• トップ
  • 製品
  • 会社案内
  • よくある質問
  • お問合せ

HDD KEEPER 9 Business Edition Type-S

HDD KEEPER 9 Business Edition Type-Sとは

HDD KEEPER(エイチ・ディー・ディー キーパー)とは、Windows PCを再起動するだけで設定時の環境に復元するシステムです。 PCに書き込みや設定変更を行っても、対象となるPCの再起動を行うだけで、 設定時の環境に戻すことが出来ます。端末環境を一定に保つことができるので、一次メンテナンスの煩雑さも大幅に削減します。 Type-Sではネットワーク管理ソフト「Clientmanger」が付属しており大多数のPC管理に対応が可能です。 1ライセンスから数百ライセンスの構成でご利用頂けるので幅広いユーザー層からご支持を頂いています。
HDD KEEPER 9 Light対応OS:
 ・Windows10 Home / Pro / Enterprise 対応
 ・BIOS起動・UEFI起動両対応


HDD KEEPER 9 Business Edition Type-S の特徴

コンピュータの再起動だけで元の状態に復元する機能に加え、非保護フォルダ(フォルダを保護対象から除外する)機能を搭載しています。 一部フォルダを復元対象外にすることが出来るので、幅広い運用が可能になります。 さらにネットワーク管理ソフト「Clientmanager」付属で幅広い運用が可能となります。


非保護フォルダ機能

フォルダを保護対象から除外する機能です。※システム関連のフォルダは対象外

マルチパーティション対応

C:以降の複数パーティションに対して保護、非保護の設定が可能です。

コマンド対応(Type-S)

HDD KEEPERをコマンドで制御が可能です。バッチファイルで制御が出来るので他のシステムや資産管理ツールとの親和性にも優れています。

導入事例

  • 企業全般 (更新、入力データを残したくない端末)
  • 教育機関 教育委員会・公立・私立・小学校・中学校・高等学校・大学・専門学校
  • 公共機関 省庁・役所・役場・各出先機関
  • 医療機関 病院
  • 図書館 博物館・資料館
  • 宿泊施設 ホテル・旅館
  • 複合カフェ ネットカフェ・まんが喫茶
  • POS/KIOSK端末コンピュータ
  • 業務用端末コンピュータ
  • モバイルコンピュータ
  • レンタルコンピュータ
  • 展示会会場コンピュータ
  • システム管理コンピュータ
  • ヘルプデスクコンピュータ
  • メンテナンスサービス用コンピュータ

動作モード

保護モード(自動復旧)

電源を入れるだけの通常の起動方法では、自動的に保護モード(自動復旧)で起動します。ファイルの追加・削除・設定などデータ変更を行っても再起動するだけで完全に元の状態に復元して起動します。

保護モード(手動復旧)

手動復旧の場合、再起動だけでは復旧しません。変更を行っている場合はその状態で起動します。しかし、その後の再起動時に管理者パスワードを入力すると過去に管理者が設定した状態に復元します。

管理者モード

管理者パスワードの入力により管理者モードで起動します。このモードではファイルの追加・削除・設定変更が可能です。次回の再起動で自動的に保護モードになり変更内容が有効になります。

一日管理者モード

日付が変わるまでは、何度再起動しても自動的に管理者モードで起動します。再起動を要求するソフトウエアやハードウエアのインストール・アンインストールや、設定変更の時に利用します。

動作環境

品 名 HDD KEEPER 9 Business Edition Type-S
型 番 TS-131US
対応OS Windsows7 Windows8 Windows8.1 
Windows10 Home / Pro / Enterprise
PC仕様 PC/AT互換機
フォーマット形式 GPT/NTFS/MBR
復元対象 C:以降 マルチパーテーション対応
ハードディスクの使用量 40GB~
環 境 ※Internet環境推奨(WEB認証、ローカル認証両対応)
注意点 ネットワーク管理ソフトウェア「Clientmanager」付属。
・ハードディスク構成がRAID環境(RAID ON)の場合は動作しません。
・フロッピー起動の場合は保護しません。
よくある質問をあわせてご覧ください。
・Secure Boot未対応です。Secure Bootをオフにしてご利用下さい。
・暗号化ソフトウェアとの併用は出来ません。
制限機能 USB外部記憶装置の制限

機能表

【環境復元機能機能(HDD KEEPER 9 BusinessEdition Type-S)】

復元対象 C:以降 マルチパーテーション
非保護フォルダ機能 フォルダを保護対象から除外
自動復旧モード 再起動すると自動的に変更前の状態に復元
手動復旧モード 任意のタイミングで復元可能
モード変更 各起動モードの変更(自動復旧/手動復旧/管理者/一日管理者)
コマンド対応 HDD KEEPERをコマンドやバッチファイルで制御

【ネットワーク機能(Clientmanager Type-S)】

環境復元の管理 モード確認 現在の起動モードの確認
モード変更 各起動モードの変更(自動復旧/手動復旧/管理者/一日管理者)
電源管理 電源ON/OFF/再起動 電源ON/OFF/再起動が可能(無線LANでON不可)
自動ログオン(ログオン方法の変更) ログオンパネル表示の有無 ログオン方法(自動ログオン/ログオンパネルの表示)の一括設定が可能
クライアントの管理 実行スケジュール 電源の自動投入や、HDD KEEPERの起動モードをスケジュールできます。これによって、ウイルス対策ソフトやWindowsアップデートに対応させて、夜間などに無人で更新作業が行えます
レイアウト表示 設置レイアウトに合わせた画面表示が可能
コマンド操作対応 コマンドプロンプトからの実行や作成したスクリプトの実行により、電源管理・リモートログオン・HDD KEEPERのモード変更が可能

PDFファイルのダウンロード

HDD KEEPER Business EditionのリーフレットはPDFファイルでご覧になれます。

※PDFファイルを見るためにはAdobe Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方は右のアイコンをクリックしてAdobeのサイトからダウンロードしてください。

アドビリーダーダウンロードページへ

エバ電子へお問合せ

ホームページ制作、システム開発